Gospel(ゴスペル)とは、本来、聖書の「良い知らせ」という意味の言葉。奴隷として扱われていた黒人たちが神を知り、祈り・うめきを歌った音楽をルーツとしています。

そして1900年初頭、アメリカの「トーマス・A・ドーシー」というゴスペル・アーティストが、聖書の内容に黒人独特のリズムと音楽をのせて、新しい讃美歌を作っていきました。彼がその賛美を「Gospel Music」と呼び、それが今日の、Gospelとブラックミュージックというイメージを定着させるきっかけとなりました。現在もアメリカの(主に黒人教会)礼拝で、Gospelは歌われています。

以下、Gospelの成り立ちをスライドで紹介いたします。

Post Author: ARTOS事務局

コメントを残す