アメリカには素晴らしいゴスペル・アーティストがたくさんいます。しかし、日本ではほとんど知られていません。この「Oscar Williams(オスカー・ウィリアムズ)」もその一人です。

オスカーは、アメリカのミズーリ州セントルイスで生まれ育ち、8歳から音楽訓練を始めました。その後、ミズーリ大学セントルイス校で、ピアノを中心とする「Arts in Music」の学士を取得。さらにサザン・メソジスト大学で作曲における「Master of Music」の学位、ダラス・バプテスト大学で「リーダーシップとマネジメントにおける教育」の博士号を取得します。

多くのゴスペル・ソングを作詞、作曲しているオスカーですが、中でも”Heal Our Land”という曲は、混沌とした世の中に多くのメッセージを語っています。



この曲を書いた、オスカー氏にインタビューしてみました。


NOBU: 今日は、インタビューをさせていただき光栄です。現在、プロデューサー、作曲家、賛美リーダーなど、神さまのための働きを多くされておられます。元をたどると、8歳から音楽のトレーニングを始めたそうですね。当時、影響を受けたゴスペル・アーティストは誰かいますか?


Oscar: ありがとうございます。私は当時、そうですね、ゴスペル音楽を学んでいた初期の頃、クワイア・ミュージックに影響を受けました。特に、リチャード・スモールウッドのような男性ゴスペル・アーティストがそうです。リチャードは、作詞ができるだけでなく、ゴスペル音楽の演奏、歌、作曲、指揮をすることができ、とても多くの影響を与えてくださった(参考となった)1人でした。彼の音楽には、クラッシック、伝統的なゴスペル、コンテンポラリー(現代)ゴスペルの3つの音楽が含まれており、最高の「ミックスサラダ」のようです。だから、リチャードは、自分にとって一番大きな影響を与えてくれたアーティストと言うことができます。

また、カリフォルニアのホーキンス・ファミリーもそうです。エドウィン・ホーキンス、ウォルター・ホーキンスからは、多大な影響を受けました。彼らの曲は当時、先駆的でした。それだけでなく、ハーモニーや歌詞も当時まだ少年だった私にとって素晴らしいものでした。


NOBU: ありがとうございます。オスカー氏にとって、ゴスペル曲を作る時、欠かせないもの(本質)は何ですか?


Oscar: 欠かせない本質、それは自分が何を言いたいか、伝えるべき相手が誰なのかを考えること。また(曲に)関連する聖書の節を選ぶことで、それこそが、その曲の意味を説明しうる強調点となります。例えば、「希望」についての曲を書くとします。まず聖書の中で関連することばが必要となり、それがベースとなります。また”Heal Our Land”という曲で言うと、テーマは「Heal=癒し」です。この曲のベースとなるのは、聖書の「第二歴代誌7章14節」です。なぜこの考え方がゴスペル曲を作るのに欠かせないか。それは曲を聴いた人が、この曲は聖書のどの箇所がベースなのかが判明できないといけないからです。


NOBU: 2014年だったのですか?


Oscar: はい、2014年です。その頃アメリカは、非常に不安定な状況でした。武器を所持していない黒人に対して警察による射殺事件、暴動、抗議運動。まさに「Heal=癒し」がアメリカに必要でした。全てが、混乱状態でした。そんな中、ちょうど私は車を運転していて、こう祈っていました。

「神よ。どうすれば良いのでしょう。ゴスペルアーティストとして作曲家として、何を語れば良いのでしょう。」

その時です。頭の中にメロディと言葉が浮かび、私は運転しながら歌い始めたのです。これが”Heal Our Land”の由来です。


NOBU: なるほど。オスカー氏が既に述べてくださった内容と同じような質問になるかもしれませんが、この”Heal Our Land”を通して、今の人々に伝えたいメッセージはありますか?


Oscar: そうですね、きっと、2014年であっても2021年であっても同じメッセージでしょう。同じような問題が起きています。そう、今なお私たちには、神の介入、神の助けが必要です。グローバル化した世の中でも、地を壊し、互いに争う風潮は続いています。今私たちは、暴力というグローバル・パンデミックに生き、それが全ての人に影響を与えています。今なお飢餓、ホームレスの問題、インフレなど、人々はゆとりある生き方ができていません。なぜなら物価も上がっているからです。だから、メッセージは(2014年と)同じです。今こそ教会、つまり神が選び、神に呼ばれている民の私たちがへりくだり、神の顔を慕い求め、悪の道から立ち返る必要があるのです。なぜなら、神がかえりみてくださり、私たちの地を癒してくださるために、私たち神の民がまず、最初に行動をしなければならないからです。

そう、私たちは互いに争うことをやめるべきです。話を聴くことを始めるべきです。そして、本当に、私たちは共通点を探すべきです。なぜなら癒しは、人である私たちから始まるからです。癒しとは、私とあなたから始まるのです。会話し、互いに語り合い、そして学ぶのです、私たちは互いに神によって祝福された民だということを。

あなただけ、私だけとかでなく、神は私たちのどちらも愛しておられる。だから私たちは一つとなり、祈る必要があるのです。私たちが他の人々に対し、目に見えるところでなく、私たちの中におられる神を証しすることができるように。そうすることを神が許してくださるように祈るのです。

私はこう思うのです。その時、癒しは始まる。私たちの国民に、私たちの地に。


NOBU: ありがとうございました。

現在は、テキサスの教会に根差し、「Arts of Music」のエグゼクティブ・ディレクターとしてもその身を捧げているオスカー氏。彼の言葉からは、神への信仰だけでなく、人々の平和への熱い想いも感じられました。

Oscar Williams
Oscar Williams(オスカー・ウィリアムズ)

Post Author: ARTOS事務局

コメントを残す